初心者 キャッシング 審査

MENU

総量規制による変化

今と数年前とでは、借入に関する決まりや状況が違うものとなってきました。数年前までは年収や属性による信用度が高ければ、希望する借入額を借りるのもそう難しものではなく、複数の会社から借りることも、借入額が年収に近くても大丈夫だったのです。

 

ですが、今はそうはいきません。2010年に貸金業規制法という法律が施行され、総量規制という決まりから借入可能額が設定されることとなったのです。その境界線は年収の3分の1。これ以上の借りれはできないものとなり、それは複数の会社の合計も3分の1以下というものになっています。

 

これまで、属性でも信用度の高い会社や年収であれば、年収に近い金額のお金を借りることができたのですが、それは総量規制によってできなくなってしまったのです。もちろん、この法律が施行される前から契約している人にも同じように適用され、施行後の追加融資が3分の1以上であれば借入ができないものとなったのです。

 

とはいえ、このことをきっかけに、属性が低かった人が審査に通る割合が若干高くなりました。住いは賃貸で独身、年収がそこまで多くない…なんて場合でも、年収の3分の1までであれば審査に通る可能性がぐんと上がったのです。これまでは収入が多いかどうか…といった見方がされていたのですが、総量規制によって収入と借入額の割合が重要としてみられるようになったのです。まさに、キャッシングにおいては改革ともいえる動きだったのです。


過去の信用情報から量る信頼度

借入において、人によっては複数の会社から借りることもあるのではないでしょうか。他社からはどれくらい借りているのか、その返済はどうなっているのか、そして過去の返済状況はどういった流れが終わったのか…これらのことにも、消費者金融は大変気にするものとなります。ですから、これらの事を申込者に確認するとともに、信用情報機関に確認をとります。

 

信用情報機関には、これまでの消費者金融や銀行からの借り入れに関する情報はもちろん、クレジットカードの利用歴など…お金の貸し借りに関しての情報がすべて記録されています。申込者がいつどこでお金の取引をおこなったかはわかるようになっています。申込者から聞いた話と、信用情報機関に記録されているデータを照らし合わせて、ウソを言っていないかも確認するのです。

 

ちなみに、複数の消費者金融からお金を借りている場合、その数が多いほど審査に通る見込みは低くなります。ある金融会社では、4社での借り入れがある、過去の取引で3カ月以上の長期延滞があった、債務整理をしたことがある…なんて履歴がある場合は、その時点で断っているようそうです。これは、多くの消費者金融会社に当てはまるのではないでしょうか。

 

では、今まで借り入れをしたことがなく、信用情報に特に気になることがない…なんて場合は、問題なしに審査を通ることができるのでしょうか。実は、そういった一見きれいな状態であっても、必ずしも有利になるとは限りません。過去に取引がないと、どういった人なのか判断することができないからです。ある程度は取引履歴があったほうが、信用も高いものとなるのです。