初心者 キャッシング 審査

MENU

信用情報には何が書かれている?

キャッシングなどで重要な判断項目となる信用情報。これはなんなのかというと、これまでのローンやクレジットなどの使用履歴です。別名、クレジット・ヒストリーなんて呼び方もします。この信用情報には、お金のやり取りだけでなく、個人情報も記載されており、これだけでその人の信用を測る事ができる、大事なデータとなるのです。記載されている項目は、本人識別情報や登録機関、申込情報、金融事故情報など…実に細かいところまで掲載されているのです。

 

○本人識別情報
名前、生年月日、性別、住所、電話番号といった、基本の個人情報。勤務先や年収についても記載されています。

 

○契約・取引情報
申し込みや契約、取引、金融事故、照会、本人申告情報など…登録されている間は残ったままとなります。
申し込み情報は、申込日や商品の種類などに関する情報であり、最終的に契約を結ばなかったとしても申し込み記録は残るものとなります。
取引情報としては、支払日や残高、完済日、延滞があったかどうかなど…支払い状況に関する情報が細かく登録されています。
長期の延滞や強制的な解約、債務整理や代位弁済などがあれば、それは金融事故として残る事になります。

 

登録期間は、登録されてから5年ほどとなりますが、自己破産や個人再生などを行った場合は10年といった長い期間になることもあります。
また、本人のお金のやり取りだけでなく、金融機関が照会したことも記載されます。金融機関名、照会日、利用目的なども登録されますから、それをみて他にも融資を申し込んでいることがわかったりするのです。


信用情報はどこで保管されているのか?

消費者金融会社が個人の信用情報を照会する際、それはどこに保管されているのでしょうか?答えは、複数の信用情報機関にです。
日本国内には、個人の信用情報を保管している機関が、「株式会社シー・アイ・シー(CIC)」と「株式会社日本信用情報機構(JICC)」、「全国銀行個人信用情報センター」の3つとなっています。
消費者金融、クレジット会社、銀行などの金融機関は、この3つの信用情報機関のどれかに加盟して、その情報を観覧することとなります。

 

一つだけでなく、複数の情報機関に加盟しているケースの方が多いものとなっています。株式会社シー・アイ・シーは主にクレジット会社が加盟しており、株式会社日本信用情報機構は消費者金融やクレジット会社が、全国銀行個人信用情報センターは銀行やそれに関連するクレジット会社が加盟してる状態となっています。各金融機関は、加盟している信用情報機関に登録されている個人の信用情報を照会しますが、これはどの機関においても同じ情報を共有しているので、結局はどこの信用機関に加盟していようが見れる情報は同じとなります。

 

特に、金融事故などの、貸す方としては最も注意したい情報についてはしっかりと共有されています。事故理由はさまざまですが、中でも審査に大きな影響を与えるのが長期の延滞や強制解約、債務整理などです。