初心者 キャッシング 審査

MENU

学生のキャッシング審査で注目されるところは?

学生は、キャッシングの審査に通りにくいものとなっています。それはなぜかといえば、社会人に比べて収入が少なく、しかも仕事もアルバイトがメインで安定していないからです。さらに、クレジットカードやローンなどの利用履歴が少ないことからも、信用情報も希薄なものとなっています。これでは、審査をする方としては判断に迷うところであり…どうしても厳しい目線でみてしまうのです。

 

では、「学生はキャッシング利用はできないのか?」というと、それもそうともいえません。学生でも審査を通っている人はいるのです。審査を通る学生は、そのポイントをしっかりと理解しているからなのかもしれません。

 

学生が審査に通るポイントとしては、まずは土台である返済能力をしっかりと持っておくことです。貸す方としては、やはりちゃんと返してくれるかどうかが一番に気になるわけですから、まずは返済能力がないと判断されないようにしなければいけません。そのためには、安定した収入…つまりは継続的なアルバイトがなければいけません。

 

どのくらいの収入があるのがいいかというと、実は明確なボーダーラインはありません。社会人レベルでの給料は学生としての本業から無理ですが、せめて安定した収入があるかどうかが大事なのです。収入の金額以前に、どれだけ安定した働き口をもっているのか…それを表すのが勤続年数です。長い期間において働いていれば、それだけ「仕事を任せている」と安心してみてくれます。最低でも半年、できれば1年をめどに働いているのであれば大丈夫でしょう。


まずは簡易診断でお試し

社会人に比べると、学生さんは判断基準が少ないことからも審査に通りにくくなっています。その審査に通るポイントとしては、安定した、長期間努めているアルバイトを見つけるのも大事となります。でも、それでもやっぱり審査に通るかどうかは心配…そんな時は、「お試し診断」を利用してみるといいです。

 

このお試し診断は、年収や年齢、他社から借り入れているかどうかを入力するするだけで、キャッシング審査に通ることができるかどうかを、簡易判断してくれます。名前や住所、電話番号、メールアドレスなどの個人を特定できる情報が不要となっていますし、正式な申し込みではないので記録に残る事もありません
業者によって名称は異なったりしますが、消費者金融をはじめ一部の銀行カードローンなどに用意されていたりするので、まずはこちらで簡単に診断してもらうといいかもしれませんね。ちなみに、アコムでは「3秒診断」、プロミスでは「お借入診断」、アイフルでは「1秒診断」、三菱東京UFJ銀行カードローンでは「お借入れ診断」なんて名称で用意されています。

 

また、クレジットカードを定期的に利用するのも、審査に通りやすくする一つの方法となります。もちろん、その支払いはきちんと行われていることが前提。支払いがきちんと行われていれば、それが信用情報記録に残り、キャッシングの審査時にプラスに働くようになるのです。